パパの気持ちを考えて楽しい時間を作ることが、成功のポイントです。

パパ活の実態と本音を暴露するサイトのヘッダー画像

金銭的な支援が受けられるとは言え、年齢の離れたパパと食事やデートするのは大変なことです。
愛情が無い相手とのデートは、現実とは違った不思議な感覚になるものでしょう。

 

ここではパパ活女子がどんな気持ちでパパと接しているのかを紹介します。
また、どう接するのがパパ活を成功に導くのかも含めてまとめたいと思います。
パパ活を考えている女性も、現在進行形でパパ活を行っている女性も、参考にしてみてください。

 

仕事だと割り切る気持ち

仕事として割り切ってパパ活をする女性

パパ活はプライベートではなく仕事だと割り切ってしまうのが、最も分かりやすい気の持ち方でしょう。
キャバ嬢やレンタル彼女の気持ちになってパパと接すれば距離感も掴みやすいです。
あくまでも仕事という割り切り方をしているので、本音で語り合う必要はありません。
パパが言っている内容に違和感があっても反論せず、笑って受け入れる対応をしていれば無難にやり過ごせます。

 

やや冷たい対応に感じますが、パパに快適な時間を過ごしてもらうためと思えば悪い手段では無いでしょう。
癒しの時間を提供するためにも仕事だと割り切るのが大切です。

 

お金のことを忘れて楽しい時間を作る

パパもパパ活女子も楽しんでいる空間のイメージ

気持ちを仕事モードに切り替えるのが難しいなら、とにかく楽しい時間になるように全力を出しましょう。
笑顔で会話する、楽しそうにする、パパを褒めてあげる、相手が嬉しくなるような言動をすると良いです。

 

金銭的なことを意識すると損得勘定が働いてしまうので違和感が出るかもしれません。
パパ活とは金銭的な支援を受けるのが目的ですが、パパがお金を出しても良いと思わなくなったら関係が終わってしまいます。
定期的に会って支援をしてもらうことを考えると、出来る限り楽しい時間を演出するのが良いでしょう。

 

相手のパパもバカではないので、お金にしか興味を持たない素振りを見せれば好感度が下がります。
お金が目的ではありますが、パパと一緒にいる時間も楽しい、という見え方になるように演出するのがポイントです。

 

楽しくない時間はトラブルの原因

パパ活は1回のデートで2万から3万円が相場になっています。
食事やデートの時間が長ければ3万から5万と高額になる傾向にあります。

 

パパに気持ちよくお金を支払ってもらえるように、なるべく楽しい時間にする方が良いでしょう。
始終つまらなそうにしており、約束の時間になったらお金だけ要求する、そうした対応はマイナスです。
2度目の誘いを受けられなくなりますし、最悪の場合はお金の支払いを拒否される恐れすらあります。
お金のトラブルに発展すると厄介で、気分の悪い別れ方になるだけではなく暴力事件になるかもしれません。
仕事だと割り切って盛り上げる、楽しい時間を作る努力をする、などを心掛けるようにしましょう。