パパが2人以上いる場合は、マメな対応と努力が必要不可欠です。

パパ活の実態と本音を暴露するサイトのヘッダー画像

複数のパパと付き合うメリット&デメリット

複数のパパと付き合うメリットとデメリット

 

ベテランパパ活女子は複数のパパと付き合っていますが、相応の手間がかかるほか同時交際がバレることで両方から縁を切られるリスクがあります。
メリットとデメリットを理解して複数のパパとの同時交際を検討してください。
関係が切れた際に再び同条件で付き合えるパパを見つけるのが困難な当たりパパから可愛がられている場合は、他のパパを切って1人のパパだけに尽くす方法が無難です。

 

パパが2人以上いるメリット

それぞれのパパと会う頻度や月の平均お小遣いにもよりますが、パパが2人以上いれば自分の都合に合ったデートをできるチャンスが高まります。
収入の安定性向上と高収入を目指せる点が複数のパパと付き合う最大のメリットです。

 

このほか2人以上パパがいることで、それぞれの長所と短所に気付くことができ、どちらか一方との関係を切りやすくなります。
1人しかパパがいない場合、そこで関係を切ると収入を失ってしまいますが、2人以上いれば最低限の収入を確保しながら条件や相性が悪いパパを切りやすいです。
入替する要領でダメなパパを切りながら2人以上のパパと交際することを繰り返せば、次第にパパ活の条件が向上していきますよ。

 

リスク回避にも繋がる

パパ活は男性側の都合で突然切られるケースも珍しくありません。
パパ活女子に問題があるほか、仕事や家庭・収入などの事情で前触れ無く連絡が途絶えることがあるため、パパ活女子の立ち振る舞いだけで関係の切れるリスクを完全に回避するのは困難です。
1人のパパとだけ付き合っていた場合、突然パパがいなくなると収入が止まってしまい、安定した付き合いができる新しいパパを見つけるまでに相応の時間がかかってしまいます。
複数のパパがいれば、パパの都合で関係が終わるリスクを軽減し、常に一定以上の収入を確保することができます。

 

お金以外のメリット

パパ活はデートするだけでお小遣いをもらえるほか、ハイステータスな男性との人脈を作れるなどのメリットがあります。
複数のパパと上手に付き合うことができれば、パパの人数だけお金以外のメリットによる恩恵が大きくなります。

パパ活をしてよかったと思ったこと

 

複数のパパと付き合うデメリット

デメリットを考えるパパ活女子

 

複数のパパと同時に付き合うのは次のデメリットとリスクがあります。

 

  • バレると関係が終わるリスクがある
  • バレなくても日程調整の理由で関係が切れるリスクが高まる
  • 1人1人への対応が疎かになって良好な関係が築けない
  • メッセージのやり取りなど手間がかかる
  • パパ活を心の底から楽しめないとストレスが大きくなる

 

紹介した全てのデメリットは、パパ活女子の立ち振る舞いや努力・コントロール次第で解消できます。
複数のパパと付き合うだけの時間があり、マメな対応ができる自信があれば複数のパパと付き合うことを積極的に検討してみてください。
会う曜日が異なるパパと付き合えば、比較的低リスクで同時交際できますよ。

 

もっとも懸念しないといけないのはバレることです。
パパ活をする男性は独占欲の強い人が多く、他のパパと付き合っていることがバレると関係が終わってしまいます。
バレなくてもパパへの対応が疎かになると、苦労して見つけた素敵なパパを失ってしまうので注意しましょう。
素敵で良くしてくれるパパを見つけた時は、他のパパを切って集中的に付き合う方法もおすすめです。